Press "Enter" to skip to content

広い会場での結婚式!優美で気品のあるランでたっぷり

優雅なランをふんだんに使って

一流ホテルでたくさんのゲストを招いて、披露宴は18時からという正統派の結婚式を憧れの花で彩り、思い出に残したいのなら広い会場も華やかに演出できるランをメインにするといいでしょう。ランは色も形も個性的で、咲き姿は優雅という形容がぴったりです。会場の照明等も考慮に入れながら、白を中心にピンクから紫のグラデーションでまとめて重くなりがちなところをグリーンでカバーするなど、全体のデザインを決めていきましょう。

花持ちのいいランを品種で使い分けて

ホテルで18時からというイヴニングウエディングですから、ゴージャスなウェルカムボードがいいでしょう。カトレアやシンピジウムなど優美な姿のランとグリーンをふんだんにつかい美しくハーモニーさせるといいですよ。受付のウェルカムフラワーは二人のおもてなしの心を小さな花に託すことで大げさでなくさりげない気持ちを表すとよく、カトレア、シンピジウム等の品種がよく合います。受付テーブルの両サイドには対に挿花をおき、ハランは丸みをつけて角をみせないようにして、キウイのつるでダイナミックにアレンジしましょう。

ゲストが持ち帰れるミニブーケを用意

会場装花はセットするときにミニブーケをつくっておきましょう。御所車に飾ったミニブーケは、パーティ会場の鏡開きに華やかさを添えてくれますよ。小さく束ねてつけておき、後はドラジェのバスケット飾りとして再利用しましょう。カトレア、シンピジウム、ドラセナやサンデリなどでアレンジするといいですよ。花嫁のウエディングブーケはオーバルスタイルをアレンジしたデザインで大輪のカトレアを10輪使ってグリーンを多彩にした幸せブーケにしましょう。

福岡の結婚式場を選ぶには、いくつかのコツがありますが、中でも挙式の費用の相場や披露宴の演出にこだわることが重要です。