Press "Enter" to skip to content

どちらの希望も満たせます!結婚指輪の事情

男性にも選択肢の幅が広がっています

結婚指輪といえば、一昔前まではかまぼこ型が主流でした。特に男性が手を酷使する仕事の場合は、女性側もそれに合わせて丈夫なデザインを選んだものです。女性がよりフェミニンなものを選びたいときには小さな宝石があしらわれていたくらい。選択肢の幅は狭かったんですよ。現在では事情が全く違います。さまざまな金属が開発され、男性の手に似合う商品が増えてきています。また、男女が別のデザインを選ぶこともざら。どちらも満足できるように配慮されてきています。

肌の色によって選べる素材!

そもそも、男性と女性では手の大きさや皮膚の質感、色が違いますよね。二人おそろいにこだわるとどちらかが譲らなければなりません。現在では結婚指輪に対する考え方が変わってきています。結婚した証として「着けていればよいもの」から「ファッションとして楽しむもの」へ移行していますよね。マリッジリングコーナーの華やかさは目を奪われるほど。男性の肌に合う色が沢山出ています。黒みがかった金色やつや消しなど、男性の手にも映えますよね。同じデザインを複数の素材で作っているブランドがあります。肌の色に合わせて選べますよ。

女性の好みもとことん、追求できます!

一方、女性向けのリングもさまざまなデザインが展開されていますね。おとなしいオーソドックスなタイプからファッショナブルなものまで揃っています。近年、エタニティーリングは人気がありますよね。永遠を表すものなので縁起がいいです。宝石が小さいので邪魔になりませんし、華やかでいて上品。落ち着いた大人の女性を演出してくれます。結婚指輪はいつも身に着けるものです。男女どちらにとっても気に入ったリングが一番。一生に一度の買い物ですので、思いっきりわがままになるのもいいですよね。

結婚指輪を買うなら、ぜひ京都が本店であります。にわかをおすすめします。私もそこで購入しましたが、一つづつ職人が丁寧に作っています