Press "Enter" to skip to content

親族と友人達で少人数の結婚式をほのぼのと行いたい

豪勢に結婚披露宴を行う理由とは?

そもそも、親族や友人を一ヵ所に集めて、費用に糸目をつけずに、豪勢に結婚披露宴を行う理由とはいったいなんなのでしょうか?新郎新婦の浮気を防止する目的と「私達は結婚したんですからね」ということを世間の人に認知させるためです。「費用のことなら心配ない。この中にまだ希望者がいるならこのお式を超えてみなさいよ」という挑発的な意味合いもあります。昔ながらの結婚式では、結婚式場に親族や友人を集め、豪勢に結婚披露宴を行い、その後新婚旅行に行くのが常でした。女性は入籍後、たいてい1年以内で子宝に恵まれます。誰の目から見ても記憶に残る立派なお式を挙げれば、その後の家族運もほぼ安泰というわけです。

少人数でほのぼのと行う結婚式が流行る理由

昔ながらの方法で豪勢に結婚式を行えば、悪い虫は一日で消えていなくなってくれます。ところが、効き目が強すぎて「新婦の勤め先の男の同僚」や「新郎の勤め先の女上司」や「新郎の女友達」「新婦の男友達」などにも、影響が出てしまう場合もあるわけです。「この前の結婚式で思いもよらない失礼があったから仕事の量を減らした上、地方に左遷していただきます」などと、後日言われてはたまらないわけです。少人数で結婚披露宴を行う分にはあまりかち合わないものですが「新婦が列席者の元部下」であったりすると、その後の人生が狂うこともあるわけです。ちなみに、招待状が送られてきても「新郎が昔付き合っていた男性」であれば、出席を断ることもできます。

元彼元彼女とのはちあわせを防止したい

世の中にはいろいろな人間がいるため「どこへ出かけても元彼元彼女とはちあわせをしてしまう」人と「どこへ出かけても元彼元彼女どころか、知り合いとも滅多にはちあわせしない」人もいます。学校は短大卒業までほぼ同じ顔ぶれの小さなコミュニティなどですと、はちあわせは起こりやすいかもしれません。新婦が元スーパーマーケット勤務などで「新婦が列席者の元部下」であったりすると、その後の人生が大きく狂わされることも往々にしてあるわけです。招待状が送られてきても「昔付き合っていた男性が新郎」で「出たくない」のであれば、出席を断ることもできます。

結婚式なら親族のみでと考えてる方の式場は数多くあり、ゆっくりと食事をしながら親族が語らえる式場などが最適となっています。