Press "Enter" to skip to content

じわじわ人気の家族婚。そのメリットとは?

少人数だからこそできる、一人ひとりへのおもてなし。

家族婚とは両親や近い親戚、さらにこのメンバーに親しい友人を数名招いて行う小規模の結婚式のことを指します。たくさんの人を招待して豪華な披露宴を行うのとは対照的で、10人から20人程度のゲストを招いて結婚式のみ、あるいは結婚式と食事会を行うケースが多く見られます。少人数という点がポイントで、本当に報告したいお世話になった人や大切な人だけを招くことができるので、心のこもったおもてなしをすることができる点が人気の秘密と言えるでしょう。食事にこだわってみたり、ゆっくりと時間をとってお互いを紹介することができたりと、アットホームな雰囲気で自分たちの思いを伝えやすい点が魅力となっています。

費用を抑えたスマート婚。

結婚式が小規模な分、費用もそれなりに抑えることができる点も人気の一つとなっています。一般的な結婚式、披露宴を行うと招待人数も何十人になることがほとんどなので、それに比べると何分の一の費用で済ませることができます。その上、余裕がある分、食事内容やドレスなどこだわりたいところにお金をかけることができるので、自分たち好みの式を行うことが可能です。式の費用を抑えた分、新婚旅行や新居への費用へまわすなど、それぞれの目的に合った使い方ができる点も魅力です。

式の前の忙しい時間を短縮。

大規模な結婚式、披露宴を行おうと思うと、一年くらい前から準備をはじめ、招待するメンバーや座席表、誰にスピーチや余興を頼むかなど一つ一つの準備に時間を費やすことになります。一生に一度の大イベントなので、自分たちで色々決めて楽しみながら行う人も多いでしょう。しかし中にはそういったことをストレスに感じる人もいるかもしれません。そういったカップルにこそお勧めなのが家族婚です。本当に親しい人だけを招待するのでメンバーも自然と思い浮かぶはずですし、人数合わせの心配も、スピーチをどの上司に頼もうかなどと頭を悩ませることもありません。大切な人たちへの結婚報告と常日頃からの感謝の思いを伝えるがメインなので、ストレスを感じることなく当日を迎えることができるでしょう。

家族婚とは、大人数のゲストを招くのではなく、家族や親族、本当に親しい友人だけを招いて行う小規模でアットホームな結婚式のことをいいます。